仁淀ブルーに憧れて〜仁淀川夢の森公園キャンプ場〜(前編)

みなさん、こんにちは。P@いきなりキャンプ、です。

残暑厳しい中、8月25日(金曜日の深夜)〜8月27日(日)までの2.5日間、高知県吾川郡仁淀川町までキャンプに出かけてまいりました。

MFCキャンプさんの記事を読んでから、いつか、仁淀ブルーをこの目で見てみたい。自分自身で体験したい!と憧れていた、奇跡の清流、仁淀川

今回はその前編、出撃〜設営編をお送りします。

仁淀川夢の森公園キャンプ場ってどこにあるの?

そのキャンプ場は、高知県吾川郡仁淀川町にあります。
大阪からはおよそ4時間半の距離にあります。

なかなか遠いですね。簡単には行けません。

相方と相談しながら、遠征できるタイミングを見計らっていました。
遠方のキャンプ場なので、2泊3日で、と考えていましたが、お互いの仕事の都合上、なかなか連休を取ることが出来ません。

おさえきれないこの気持ち。

金曜日は、出張で東京に居ました。25日(金)の、18時頃の会話です。

MAKOchi)今週のキャンプも海やろ~!!
P)海はクラゲおるで(´・ω・`) 仁淀川でどう?
MAKOchi)え(;´д`)!仁淀川って、今から準備して今晩から走らなやん
P)んだんだ。
MAKOchi)じゃあ、Pちゃん帰って来たら即出発?
P)うん。22時に帰宅するから、そこから準備して出よう!

ということで、いつもいきなり。
いきなりキャンプの名は伊達じゃないw

新幹線で東京~大阪まで戻り、そこから準備して、の出撃となりました。

まさにエクストリームキャンプ。

22時帰宅。着替えて準備をします。
車に荷物を積み込みます。

汗をかいてきたので、シャワーを浴びます。
なんか、余裕かましてますね(笑)

深夜のドライブになるため、翼をチャージします

レッドブル

レッドブルをチャージ

そんなこんなで、23時半に自宅を出発しました。

さすがに深夜の阪神高速は空いてます。
スイスイです。
神戸線など、常に渋滞しているイメージですが、何事もなくスムーズに通過。
あっという間に淡路島です。

出発から1時間も経ってない!早っ!

香川県に入ったあたりから、天候が怪しくなってきました。
稲妻があちこちで光ります。雷がかなり多く発生しているようです。
相方、ビビリまくりです。

そんな中、給油の警告が出てきました。

深夜のSAで給油しましょうか。

P)じゃあ、次のSAで給油しよっか。
MAKOchi)そだねー。ちょっと休憩しながら行こうね。

しかし、大阪方面から高松道に行こうとすると、なかなかSAがありません。
ちょっと焦りながらも、津田の松原SAに到着します。

img_3522.jpg

さて、給油しようか?とガソリンスタンドに向かうと、そこには目を疑う光景が!!

 

img_3635.jpg

はい。やってませ~ん。

思い込みって怖いですね。
まさか高速道路のガソリンスタンド、深夜は営業時間外もあるんですね。

開いてないのはしょうがない。航続可能距離を見ると、次のSAくらいまでは辿り着けそうな感じ。ということで、次のSAを目指します。

SAのガソリンスタンド、必ずしも24時間営業じゃありませんので、出発前に調べてから移動しましょうね!

雷光の中、次の給油ポイントに向かって移動します。
次のSA(豊浜SA)のガソリンスタンドは24時間営業してるかどうか、ちゃんと調べました!

走り出すと、雷雨になりました。
かなり強く降ったり、止んだりと、くるくる変わる空模様の下を注意しながら進みます。

そして豊浜SA。
ガソリンスタンド、営業しています。

img_3523.jpg

豊浜SA

ちょうど、給油警告メッセージが表示されました。

img_3524.jpgよかった・・・ε-(´∀`*)ホッ

ガソリンスタンドの営業を確認し、仮眠を取り、身体を休めます。
ちょっと寝ると、スッキリしますよね。

ここで体力を回復させます。

レッドブルを注入しているからか?なんか変なテンションになってきました(笑)

高松道から高知道に入り、一気に南下します。
しかし、高知道ってトンネルが多いですねぇ。

伊野ICから国道33号に降りて、さらに一時間半。
5時半にようやく目的地の仁淀川町夢の森公園キャンプ場に到着!

img_3530

休憩も含めて6時間の長旅になりました。

夢の森公園キャンプ場、人気があるのでしょうね。
すでにテントでいっぱいです。

img_3526

設営する場所を探していると・・・。
ライダーさんがソロキャンしていらっしゃいます。。。

P)うん。この隣がいいね!
MACOchi)なんで?
P)ライダーさんはね、基本的に連泊しないから!
そんな荷物も持ってきてないっぽいでしょう?

で、サイトに鹿番長のベンチを置いて場所を確保し、夜が完全に開けるまで仮眠を取ります。

IMG_3525

真ん中に鹿番長のベンチ。黄色のテントがライダーさん。ここしかない!

この間、雨は止みません。

雨の中の設営、憂鬱だなぁ・・・などと考えているうちに、車内で眠ってしまいました(笑)

起きたら7時。

ライダーさん、案の定撤収をはじめています。
ライダーさんの撤収跡地をフル活用し、雨が小降りになったタイミングを見計らって設営しはじめました。

すぐ後に他のファミリーがいらっしゃいましたが、設営地がなく断念されていらっしゃいました。

やっぱり人気のキャンプ場なんですね(*´∀`*)

(中編に続く)

広告

仁淀ブルーに憧れて〜仁淀川夢の森公園キャンプ場〜(前編)」への3件のフィードバック

  1. 今回は長編になりそうですね〜
    ガス欠の恐怖は深夜の高速とか田舎では洒落になりません((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
    たどり着けて何よりです(*´ω`*)
    仁淀ブルー楽しみです!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください